ローソン でか焼鳥 もも塩 - まめこのサンプル日記

「ローソン でか焼鳥 もも塩」

ああっ、また写真撮る前に食べちゃった!(汗)

ローソンさんのチラシにクーポンがついていたので引き換えさせていただきました。

おいしかった〜!一口目も最後もずーっとおいしかったです。

あと、スイーツ30円引クーポンもあったので「濃厚たまごのカスタードシュークリーム」も一緒に購入。

カスタード感が濃厚でおいしかったのですが、私は生クリーム星人なのでやはりダブルクリームが一番かな?

ゴチでした☆

現実と想像の間で171 (改訂版) ( その他文学 )

今週はワルの奥さんが担当医として 1週間一緒に仕事をするが、吉永夫婦は、まだ別居中のようで、いずれ離婚を考えているのかと想像するしかなかった。

・・・もし、仮に離婚したら礼子と同居している義父は義父で無くなり、他人同士で住むことになる・・・。義父和夫がマンションの持ち主だから、当然礼子はマンションを出ることになるだろう・・・。

・・・けど義理の吉永和夫は昔、歯科医であり、医学生当時の礼子とは不倫していた仲と思う。もし和夫の求愛があれば、同棲あるいは結婚して一緒に住む手段があった。

礼子は息子吉永隆に、想いを寄せ押しかけ女房として結婚したと自分で話していた。親父は息子に礼子を取られたのなら仕方ないと諦めたが、再び妻の死をきっかけで接近したのだろうか。

もともと息子院長の隆は・・・親父は礼子と不倫は知ってたんだろう。礼子の肉体は親父によって作られて犯されていると思うと、息子吉永は礼子とセックスには抵抗あるのが分る気もする・・・・。

そんな思いでカルテを確認していたら、礼子より早く 「おはよう」 と医院に入って来たのは鈴木真理で、眠そうにしていたので聞くと、ネットで知り合ったネカマ男が、福岡から出張で来るというので逢っていたんだよという。

汚しませんよぉ〜 ( ライフスタイル全般 )

おはよう ございます♪

ウエトミ衣料です

今日も朝から曇り空で今週はお日様が少ないですよね

先程は、雨もパラつきましたし・・・

過ごし易い気温になってきた事は助かりますよね

でも、気温差での体調変化 十分に注意しましょうね!

本日は、こんな商品の紹介ですよ

こちらの商品です

No,239 キャンパス靴カバー

見たまんまの靴カバーですよ

皆さんも、使ったことのある方いると思います

この靴カバーは綿100%の帆布で出来ています

綿なので丈夫で長持ちしますよ

作業場現場で床を汚さない様にとよく使われますが

最近は、当店でも工場見学やリフォームをする方々から

注文や来店購入される事が多いんですよ

靴を履いたままで履いて使えるので便利ですよね

サイズ的には24.5〜28cmの方まで対応なので

大体の方に使ってもらえる感じです

使い方色々の商品なので試してみては如何でしょうか?

これからも、色々な商品を紹介していきますので

お楽しみ下さいねェ〜♪

コメント・質問も随時 お待ちしております

ヤフーショッピングはこちらに!

ヤフーショップ ウエトミ衣料 ←こちらを見てね♪

ちょこっとストーリー002

続きです。

まずは、新たに攻略する事になる男子C−6ですがどんなのが考えられますかね?

女の子が憧れると言えば玉の輿ですかね?

という訳で6人目は青年実業家にしましょう。

続きます。

仏性の首斬り役人、山田浅右衛門

時代小説には首斬り・試し斬りの役人として山田浅右衛門の名前がよく出てくる。勘違いされやすいのは、そんな役人は幕府の職制上なかったということである。山田家は初代から浪人の家柄である。それが刀の試し斬り役として諸大名等から頼まれていただけである。もちろんそのためにはその都度幕府に願い状を差し出して許可をもらっていた。いわば役目ではなく、商売としてやっていたにすぎない。  最後の首斬り浅右衛門は八代目(初代を数えるかどうかで九代目とという場合も)で、明治14年7月24日限りで斬首は廃止されている。この浅右衛門は世上の噂と大違いで、晩年は仏教信者となり、諸方のお寺へ「大慈悲」の自筆の額を納めたりして、慈悲善根の人物と称された。この人はもともとは赤穂浪士の討ち入りで名高い堀部安兵衛武庸(たけつね)の剣法を伝える流派の達人で、その縁で山田家に養子に入った(実子でも腕が悪ければ後を継げない)。そのため泉岳寺へは毎月お参りを欠かさなかったそうです。  そして仏性を備えていると言われるゆえんです。この人乞食でもなんでも、むやみに救ってやり、果ては乞食を連れて家へ帰

ってくる。こうなるとご飯をめぐんでやり、女の乞食だと家の女たちの古着などを与えて返してやることになります。しかも、家人に対する小言はほとんどなく、一年に一度でもあれば「めずらしい」と言われるほどだったようです。  極めつけは、この浅右衛門、毎朝スズメとネズミに粉米(こごめ)をやるのを日課としていて、浅右衛門が手を叩くと、スズメは飛んでくるし、ネズミも縁の下から出てきたそうです。特にネズミなんかは浅右衛門の膝の上に登ったり降りたりしていたとのこと。筆者も10年来スズメに残りご飯を与えているが、それでもスズメを手元にまで呼び寄せることはできない。それなのにネズミまでとなると、これはもうまったく仏性を持った人でなければ無理ですよね。  なお、浅右衛門の試し斬りの作法は別の機会にアップします。 参考:篠田鉱造「幕末明治女百話」1971年3月初版角川書店p323 ? ?