RTDリーグ2018BLACK45回戦その1

対局前コメント

多井プロいよいよさっきのラスで後がなくなったので、贅沢は言ってられないので、最終日に準決勝の目が残るような戦い方をしたいと思います。

内川プロ序盤から苦しい戦いが続いていて、半分を折り返したあたりから運気と牌がマッチしてきているので、それを信じていきたいと思います。トップが最高ですけど、4着より3着、3着より2着を狙っていきます。

萩原さん勝負事ってむずかしいから日戦って、求め続けてしまう。強気なコメントした後、だいたいダメなんですよね。謙虚に、いってきます。

席順は東家から内川プロ、多井プロ、小林プロ、萩原さん

解説はWHITEから平賀プロ

東一局ドラ一索

親の内川プロ、配牌で中が暗刻。まっすぐアガリに向かいやすいか。小林プロは1巡目で早くも一向聴

平賀プロズル剛さんがでるかもしれないですね。ズル剛さんはわりと公用語らしい。

5巡目、小林プロが先制リーチ。メンピンの一四索まち。なんと7枚ヤマ。

8巡目、親の内川プロが追っかけリーチ。四七萬まち。こちらは4枚ヤマ。

小林プロが四萬を掴んで内川プロに打ち込み。リーチ中ウラで7700のアガリ。内川プロが幸先のいいスタートをきる。

東一局一本場ドラ北

捨て牌2段目、内川プロ、小林プロが一向聴

10巡目、萩原さんが白をポンしてテンパイ。四七萬まち。

萩原さんが四萬をツモアガリ。白のみ400700は500800のアガリ

平賀プロ打点は低いですが、内川の親を流したということでここはいいかな、という感じですね。

東二局ドラ一筒

2巡目、小林プロが發をポン。さらに東もポンして早速、ふたつの仕掛け。

4巡目、三索をポンしてテンパイ。トイトイで三萬と六索のシャンポンまち。

小林プロの仕掛けに他家は警戒して慎重な打ち回し。

捨て牌3段目、小林プロ以外にテンパイは入らず。このまま流局模様か。

小林プロの1人テンパイで流局。多井プロは親流れ。

東三局一本場ドラ三索

親の小林プロ、配牌で2メンツの好配牌。

3巡目、小林プロにテンパイが入る。カン六索まちの役なしをダマテンに。好形への変化をまちたいところ。

内川プロにタンヤオ形でドラ3の手。親に向かっていくか。

6巡目、小林プロが手変わりしてリーチ。メンピンの三六索まち。

親の小林プロが一発で六索をツモアガリ。メンピン一発ツモ、2600は2700オールのアガリ

平賀プロカン六索のときにツモったら500オールですから、追い風が吹いているようなイメージがありますね。

東三局二本場ドラ七索

7巡目、親の小林プロがカン二筒のテンパイもとらず。好形テンパイを狙える手広い形に受ける。

次巡、小林プロが一四七索まちのテンパイを入れてリーチを打つ。これはお手本のようなきれいな打ち回し。

内川プロが四索を小林プロに打ち込み。リーチのみ、2000は2600のアガリ。裏ドラも七索でドラをツモられるよりは失点が少なかったかも。

東三局三本場ドラ三筒

10巡目、萩原さんがドラの三筒をポンして一向聴。一気に勝負形になった。

11巡目、小林プロが五筒をチーしてテンパイ。タンヤオの二五八索まち。

同巡、内川プロが東をポンして一向聴。場がパタパタと動く。

小林プロが八索ツモアガリタンヤオのみ、500は800オールのアガリ。小林プロの連荘が続く。

東三局四本場ドラ七筒

この局も小林プロに速い配牌が入る。

9巡目、内川プロが八筒をポンの仕掛け。

平賀プロうかうかしているといつまでも小林に連荘されそうな気配がありますからね。

10巡目、内川プロがカン四萬を引き入れてタンヤオのテンパイで三六筒まち。三筒なら三色。これは鳴きが功を奏したか。

11巡目、親の小林プロがテンパイ。七対子の五萬まちをダマテンにとる。

13巡目、小林プロがドラの七筒を引いて、七対子のまちを七筒まちにかえる。

小林プロが六筒を内川プロに打ち込み。タンヤオのみ1000は2200のアガリ

平賀プロやっと小林の親が終わりましたね。

東四局ドラ西

2巡目、小林プロが發をポン。

平賀プロこの局も軽快に仕掛けてますね。

6巡目、小林プロがペン七萬をチーして一向聴

7巡目、内川プロがドラの西をツモ切り。勝負っ気を見せる。

同巡、小林プロがテンパイして三六筒まち。

8巡目、多井プロがリーチ。カン八筒まち。

10巡目、親の萩原さんがドラの西を強打で切って追っかけリーチ。メンピンの五八索まち、五索なら高め三色。

同巡、内川プロにもテンパイが入る。小考して追っかけリーチを打つ。六九筒まち。高めタンヤオ

平賀プロぶつかりましたねえ。

3軒リーチ鳴きテンパイで全員テンパイのめくり合いに。場が沸騰している。

多井プロが一発で九筒を掴んで内川プロに打ち込み。リーチ一発ウラ3、8000点のアガリ。内川プロはトップ目に立つ大きなアガリ

平賀プロこの半荘トップとるぞ、という内川の気合がよんだリーチでしたね。

内川プロ38000点、多井プロ11000点、小林プロ29700点、萩原さん21300点で南入。小林プロ以外はこの半荘のトップは大きいので争いが熾烈になりそうだ。