日本から残業をなくすには「お客様は神様」を変える必要がある

いつも見てくださり感謝です。??? ポチっとお願いします、励みになります。 ?? ?髪一重店長の練馬みさ江です。ねりちゃん。って呼んでね。?????新小岩駅南口徒歩9分の美容室。髪一重。 ダイアモンドオンラインさんからコピーします。 株式会社ワーク・ライフバランスの創業メンバー大塚万紀子氏と、Nagata Global Partners代表パートナーでパリ第9大学非常勤講師も務める永田公彦氏の対談をお送りする。一人ひとりの働き方や生き方が、今後どう変わっていくのか?より充実したものにするには何が必要か? 働く人(生活者)と働いてもらいたい人(経営者)、海外から見える日本人の文化という視点から意見が交わされた。2回目は、日本におけるお客様とサプライヤー関係のあり方、完璧や忖度という呪縛、恥と型の文化など、世代交代が進むことで、日本人社会の文化が再構築される可能性についてお伝えします。>>第1回『なぜ日本人は有給を取れず、フランス人は取れるのか』https://diamond.jp/articles/-/178368から読む欧州で「社員の幸せ」にフォーカスした新

しい経営永田 最近、欧州で、面白い動きが出てきています。「社員の幸せ」にフォーカスした新しい経営です。社員が幸せなら、会社は成長し生産性も上がり、イメージも高まり、いい社員が集まり、定着率も良くなるというものです。これを示す実証データもいくつか出てきています。これを後押しする形で、この考えを経営に積極的に取り入れようとする企業が増え、CHO(チーフ・ハピネス・オフィサー)なる専門管理職まで登場してきています。例えばフランスでは、3年前には3人しかいなかったCHOが、昨年は150人まで急増しました。大塚 それは注目できますね。日本でも最近楽天などが始めていますね。永田 この動きの中で、「果たして社員は、どういう職場環境があると幸せに感じるか?」という調査を、国、全国労組、民間調査機関などが実施しています。その答えの1つに、仕事の関係者ともっと自由でカジュアル、透明性の高いフラットな関係性で仕事ができる状況、というのがあります。この点は、日本の若手社員の間でも同じような傾向があるのではないかと思いますが、いかがでしょう?大塚 確かに日本でも、若い人ほどフラットな関係を\xCB

召鵑任い襪茲Δ任后◀修海如△海譴鮟祥茲瞭䡄椶侶弍弔鮖戮┐討④審ⓐ愾反イ箸梁侘Â渋い搬Ľ┐覽掴世發△蠅泙垢❶∋笋呂いい箸骸茲蠅任いい隼廚い泙后3ⓐ惱纏襪涼罎妊好圈璽百兇鮖鈇辰動媚弖萃蠅ⓘⓜ廚併類發△襪掘▲侫薀奪箸砲い蹐い蹐箆辰鬚靴謄ぅ離戞璽謄↗屬覆發里鮴犬濬个靴燭せ類發△襦↗院璽后Ε丱ぁΕ院璽垢任垢諭◀泙拭△海寮ぢ經屬諒顕讐礎祐僂箚恭个離丯礇奪廚髻△匹ΔΔ泙圊反イ涼罎妊泪優献瓮鵐箸軍茲ǂ靴討い唎里ǂ箸いΔ里❶∉唎㌍鋓驎廚亮,離船礇譽鵐犬\xCE1つと思われます。デジタル化と国際化の急激な変化日本は「いいとこ取り」を永田 この階層社会のフラット化も含め、デジタル化と国際化の2つの刺激は、世界的に人々や組織の文化の見直しというか再構築を加速させています。働き方、生き方、組織のあり方、経営のやり方などで変化を後押ししています。例えば日本でも、デジタル化によりリモートワークが増え、国際化により外国人ワーカーが急増している。こうなると職場も社会全体も多様化する。その結果、常識やバックグラウンドが違う人たちと仕事をする機会が増え、考えていることをしっかり言葉にして伝えないと互いに意思疎通ができ

ない。 逆に言うと、日本人社会に特に強い「あうんの呼吸」、「忖度」、「暗黙の了解」に頼っていては誤解や反発ばかり招くようになる。このようにデジタル化と国際化によって、新しい文化が入り込み、伝統的な文化の中には消えるものもあれば、逆に、例えば時間に正確な文化や清掃・整理・整頓文化とか、いいものは残そうよと再評価されるものもある。こうした文化の再構築の動きです。大塚 とても共感します。こういう時代だからこそ、デジタル化と国際化という急激な変化をポジティブに見てみて、「いいとこ取り」をすればいいと思います。アメリカ型とヨーロッパ型の二者択一でもなく、あくまで日本人社会、ひいては自分たちの組織に合ったハイブリッド型です。他の国、他の会社、他の人の成功事例をポジティブに見てみて、良ければ自分たちも取り入れるというスタンスでいいということです。永田 そうですね。このデジタル化と国際化の流れはどんどん早く太くなる。仕事はもちろんのことながら普段の生活でも避けて通れない。意を決して“かすみ”を食べて生きる仙人を目指す人は別として、多くの人は、これらをポジティブに取り入れないとガラパゴス化して生きづ\xA4

蕕唎覆襦B臘諭ヽ里ǂ法N磴┐亳朕妖Ľ箆辰任垢❶∈廼瓩茲Δ笋嚞笋涼罎嚢餾櫺修ⅺ覆鵑任い泙后◀海譴泙燃こ阿箸ɑ餾櫺修剖寡歐瓦鮖鈇繊⊃¤錣嵯硑い覆箸海蹐❹△蠅泙靴拭◀箸海蹐❶⊂ー蠅縫ぅ鵐拭璽淵轡腑淵襪靴討い詭爾忙彪磴気譴泙靴拭3惺擦燃姐饋佑ⓐ鈇─△修譴ⓔ槪燭蠢阿砲覆辰討④燭ǂ蕕任后◀修海濃笋癲ゟ餾櫺修鬟優❺謄↗屬紡Ľ┐襪里鬚笋瓩謄錺唫錺唎垢襪海箸肇櫂献謄↗屬淵好ぅ奪舛棒擇蠡悗┐襪海箸砲掘∈鯒咩∋廚だ擇辰同儻譴砲茲觜岷蕕魄絜Ⅷ擷韻泙靴拭﹅貊蠅魯侫薀鵐溝膸抜曚把姐崋圓梁燭唎❺侫薀鵐洪佑任后▷,海譴泙任了笋覆蕁〳姐饋佑妨類韻禿舛┐燭い箸い♢般心兇眤④蕕此△泙娠儻譴⓴萎絜犬磴覆④磴世瓩箸い♦殩萁發△蝓⊅僂鬚ǂ唎海箸ⓘ櫃唎凸詰鈇任靴拭◀箸海蹐❹笋辰討澆襪函~饐譴離侫薀鵐洪佑發錣ǂ辰討唎譴董⌅爐蕕ⅷ遡笋垢觧類留儻譴發燭匹燭匹靴咩屬◆繊△澆鵑憤貊錙Ą廚箸いΔ里鯊隆兇掘⊆\xAB分の中の国際化へのハードルが一気に下がりました。何よりも言語スキル以上に、何を話すのか、どう伝えるのかが大事なのだ、とこれまでの呪縛から解き放たれた瞬間でしたね。日本で「合理性」の捉え方がネガティブ一般的に議論がされてない永田 確かに、

英語に限らず、人前で話す時に完璧でなくては恥ずかしいという点にも、日本人特有の「恥」と「型」の文化が宿っていますね。ところが、大塚さんは、その文化を自ら変えた。そしてうまくいった。その基本にあるのが、僕から言わせると合理性です。目的は、何か伝えたいことがあり、それを相手に伝えることであり、きれいな英語を話すことではありません。英語は、目的を達成するための単なる手段であり、たとえ流暢でなくても、動画、写真、グラフなどビジュアルツールでカバーすれば、きちんと相手に伝わる。このように合理的に考えることは、職場での仕事でも大事です。例えば、自分のミッションややるべきことは何だ?その中で今は何をすべきか?そこで優先順位ができる、次にその優先事項の目的を達成するための最短距離は何だろう?という考えで動いていく。大塚 なるほど、おそらく、永田さんのおっしゃる合理性と、日本で一般の方が合理性という言葉に抱くイメージの間にずれがあると思います。日本では冷たい「合理性」にイメージを持つ人が多い気がします。例えば、解雇やリストラとひもづけた解釈、感情を排除するなどのイメージです。でも、今の永田さんの話を\xCA

垢圡罎任琉晥櫃蓮ゟ舁鎛④老茲靴謄優❺謄↗屬覆發里任呂覆い任垢茲諭F䡄椶任蓮△修旅舁鎛④箸いΔ發里紡个靴討癲"貳姪Ľ傍掴世❹気譴討覆い里ǂ發靴譴泙擦鵝1陛帖,修譴亘佑眛䡄椶諒鈇範辰靴討い撞い鼎④泙后1儻譴旅舁鎛①\xA2Rationalの語源はラテン語でRationalis、「理性的で道理をわきまえた」という意味です。つまり合理的な行動とは、Impulse(一時の感情を基にした衝動)やWhimsy(気まぐれ)ではなく、理性的で道理にかなった行動です。なので、ネガティブなものでも何でもありません。あと、日本では、理屈っぽいって完全にマイナスですよね。でも、理屈があるということは、理由があるわけで、考えているということです。なので、決してネガティブなものじゃなく、むしろ良いことです。 このネガティブ解釈は、これまでの学校教育に一因があると思います。自分の頭で考え、別の人に伝え、議論し合う…こうした経験を重ねながら子どもたちも視野を広げ、多様性を受け入れながら成長していく。こうした教育を受ける機会が多ければ、合理性とか理屈が単純にネガティブ扱いされることはないはずです。大塚 私たちも、おっしゃる通りだと\xBB

廚辰討い泙后0貂鯒唎瓦蹐ǂ藏軌藐従譴瞭唎㌍鋓驎廚鬚Ć蠹舛い垢覽_颪ⓐ鈇┐討い董⊆腓望佬惺擦簔羈惺擦砲覆蠅泙垢❶∉䡄椶念貳崢校驒嶇ὰ唎砲覆辰討い襪里論萓犬燭繊△箸い┐襪唎蕕ぢ臺僂幣昳靴任后8従譴寮萓己鈇瞭唎㌍鈇ⓙ僂錣蕕覆い函△海譴泙箸楼曚覆訖靴靴ざ軌蘰睛討篳鑫,鮗茲蠧類譴茲Δ箸靴討癲△修譴鮟淑❹暴猗漚垢觧驒屬ⅷ茲譴泙擦鵝◀覆爾覆蕁▲謄好箸虜療澄∧欷郤埖弍顗⌆弇茲篝験荵愼海覆匹破算Δ気譴討い董△ŕ茲譴砲覆辰討い襪ǂ蕕任后◀修侶覯漫〻軌蕕蘯舛睥匹唎覆蕕此∋劼匹發燭舛量ね茲砲皸④け洞舛鰺燭┐ǂ佑泙擦鵝▷,修海如~燭箸ʍ驒屬了箸な鈇鯤僂┐詆ⓜ廚❹△蠅泙后N磴┐弌∧欷郤埖弍類任后⦿◀瞭䡄椶任蓮∧欷郤塒佑録斥佑世ǂ蕁⊃討ǂ蕕療渡辰鷲❹砂个覆い箸い韻覆ǂ辰拭◀覆里如⌆❹挫唎ǂⅶ超箸靴覆唎討呂い韻覆唎覆襦◀修譴鬘丕圍舛叛萓己鈇ⅱ┻弔靴董⇒縞\xFD5時以降は留守番電話に切り替える…こうした小さなことから変えていきました。日本人は大多数の国民が右から左に一気かつ極端に振れる特性永田 興味深いですね。今のお話の中で2つの日本人の文化特性が現れています。1つは、大多数の国民が、右から左に一気にかつ\xB6

肪爾某兇譴詈顕修任后•里蓮∪萓犬録斥佑里茲Δ並減澆世辰拭◦斥佑覆里廼肪爾任垢諭◀箸海蹐❶△修料韻靴△靴録爾噲④噦掴世気譴襪海箸里覆い泙沺∈◀箸覆辰討呂修譴ⅺ慎佞某兇譴討い襦↗咩璽襯咼困發修Δ任后•里蓮⊃寝討任癲~翹鎺膕颪里茲Δ縫優唫織い筌献礇吋奪箸埜任瓩訝棒⑤汽薀蝓璽泪鵑ⓑ燭ǂ辰拭◀箸海蹐❺咩璽襯咼困ⅻ坼楴臚海濃呂泙襪醗豕い法~動奮阿任皀優唫織こ阿掘ゟ駝荏蹈ɓ献絅▲覯修某兇譴拭▷,海粒Г念豕い某兇譴詁胆④蓮△覆ǂ覆\xAB変わらなかった世の中が、ある日突然、意外と簡単に良い、または悪い方向に一気に変わることを意味しています。この背景にあるのは、「寄らば大樹の陰」という人の割合が多く、考えて議論する人が、一部の主導者や関係者に限られること。しかも、その人たちが似たような文化やバックグラウンドを持つ人たちなので議論も多様性に欠け、左にしましたとなると、これまで右にいた人の多くが、上、下、斜め前、斜め後ろではなく、一気に左に流れる。特異な主従関係が働き方改革を進める中でネック大塚 ということは、働き方も、欧州のように200年以上かけて、段階的に変わっていくのではなく、日本では、意外と短時間で\xB0

豕い吠僂錣辰討い嘻椎柔④鯣襪瓩討い襪箸覆蠅泙垢諭◀發\xA61つの文化特性はどういうものですか?永田 お客様とサプライヤーの主従関係です。これは3つのことで成り立ちます。1つは、世界でもユニークな(解釈はいろいろあるものの)「お客様は神様」、2つ目は、品質やリードタイム等により皆で互いに縛り合い苦しめ合っているかのような状況、3つ目は、サプライヤーとて人格や尊厳を持つ人間なのに、人権をリスペクトしないような態度をとるお客さんの存在です。大塚 確かにこの特異な主従関係は、働き方改革を進める中でネックになっていると、日頃から感じています。例えば、ある建設会社さんのお手伝いをした時に、まさに似たような課題が挙げられました。同社の主なお客様は行政官庁だったのですが、そこの担当者から金曜日の午後5時に連絡があり、ある資料を月曜の朝一番に出してもらいたい、と。その方としては、最大のお客様の要望なので断ることもできず、土日に仕事をして何とか資料を届けたそうです。 そこで私たちは、行政の方にもお話を伺ってみました。すると、明日の昼が締め切りというような仕事のやり方を省内でもし

ている。これは、自分たちの首をも絞めるだけではなく、外部のサプライヤーさんにもしわ寄せが行っているという認識もあり、実は、どこかでこのあしき慣習を断ち切りたいと思っていたとのお話がありました。永田 まさに、これは、日本のお客様とサプライヤーの主従関係を示す典型例ですね。大塚 日本では、こうしたことが日常的に起きています。なので私たちも、お客様とサプライヤー間の受発注の中で見られるこうした働き方は、業界全体ひいては社会全体の問題と捉え、改善に向けたお手伝いをしています。国際化という視点からすると、これまでの働き方では立ちゆかなくなります。海外の企業と取引する際は、サプライヤー側でも合理的な理由があれば、お客様に提出期限を延ばしてもらうとか、納品を段階的にさせてもらうとか、金額の交渉で解決するとかができますよね。なので、日本企業間の取引でも、いかに、きちんと理屈を考え、合理的な理由づけと判断に基づいて取引ができるようになるかが、働き方改革の1つの論点になっています。日本の働き方そのものを、国際化の軸で海外からの視点で捉えて変えていくことも重要永田 まさに、海外とのお付き合いでは、こ

の部分が日本企業の国際化を不利にしています。僕も、日本との接点で課題を抱える欧州企業に対し、コンサルティングやトレーニングに頻繁に入るのですが、その際に必ずと言っていいほど出てくるのがこの問題です。 彼らは、日本企業をお客様というより対等なパートナーと捉えがちです。それに反し、多くの日本企業は、日本にいる時と同じように「こっちは客なんだから」的な目線で、無理な注文や、意味のわからない依頼をしてくる。しかも、その多くが日本以外の国のパートナーからは要求されることのないような、細かく緊急扱いの依頼。 彼らは、こうした傲慢または不条理に映る日本企業の態度を、どう理解したらいいのか。こうした要求に全て対応しようものなら、日本市場だけのために人や設備への投資が必要で、そうすると目標収益が確保できない。日本人に文化的に理解してもらえるような合理的な理由とは一体何なのか?それとも縁を切るべきか?こうした悩みを抱える企業は多いですよ。 それに加え、こうした日本の慣習が残る限り、優秀な外国人が日本で働きたがらない。または働き出しても、すぐに去ってしまう。なので、お客様とサプライヤーの関係だけでなく、\xC6

䡄椶瞭唎㌍鈇修里發里髻ゟ餾櫺修亮瓦如〳こ阿ǂ蕕了訶世蚤Ľ┐栃僂┐討い唎海箸盻斗廚任垢諭B臘諭‘䡄椶帽圓④燭ぁ⊇擦澆燭こ姐饋佑倭鈇┐討い襪茲Δ任垢❶∉䡄椶硫饉劼覇唎④燭唎覆い箸いΔ里蓮△笋呂蠧唎㌍鈇ⅳ彊琛覆鵑任靴腓Δʔ1陛帖仝斥佞量簑蠅箸\xAB別の理由もありますが、働き方への恐怖心も大きいというのが実感です。特に、非合理的な働き方です。お客様とサプライヤー関係、長時間労働、少ない休暇、労務管理のやり方などで見られるものです。 例えばもう25年前になりますが、友人のインド人エンジニアが、日本の電機メーカーの本社に雇われました。確か、びっくりするような高い給与だったと思います。自称ですが優秀な彼は、与えられた仕事を普通の人より早くこなし、毎日1〜2時間で終わってしまい、残りの時間は暇だったそうです。そこである日上司に、何もすることがないので午前中で退社、または自由な時間に会社に出て仕事をしてもいいか?と尋ねます。 上司の答えは、規定労働時間が9時から6時だから、その間は社内にいなさい、だったそうです。彼は、することもないのに、なぜ会社にいる必要があるのかの答えが見つから

ず、悶々としていました。そして、数ヵ月後にシリコンバレーの企業に引き抜かれアメリカに渡りました。理由はどうあれ、会社は彼に合理的な説明や提案をできなかった、また、多様化を許容できなかった。その結果、事業の国際化や組織に違う人が混ざり、化学反応が起きてイノベーションを生む機会を逃したということですね。上司にいかに想像力をつけてもらうか働き方改革の中でも大きな課題大塚 今のお話を伺っていて思うのは、合理性に加えて、「自分と違う立場の人はどう感じるのか」という想像力が、圧倒的に欠けていると思います。それは例えば育児休業も同じで、休業明けの女性に「君は子どもが小さいから短時間しか働けないんでしょ。給料2割減るけど、そのほうがうれしいよね」と言う上司がいました。でも、もし彼女が、しっかり休養させてもらった恩返しに、しっかり働くぞと意欲満々だったらどう感じるか…せっかくやる気の彼女も働く気がなくなるはずです。このような上司に、いかに想像力を持ってもらうか、これは働き方改革の中でも大きな課題です。永田 こうした想像力は、職場はもちろん人付き合いの全てに場面で必要ですよね。そこで大塚さんは、こ

の想像力を豊かにするにはどうしたらいいと?大塚 まず、しっかり休むことです。そうすることで、自分の言動を振り返る時間が持てます。また同時に、肉体的疲労も消えていきます。そこで初めて、本当の自分の時間が取れ、自分の感性に従ってやりたいことができ、その結果、知識、視野、文化価値観の幅が広がることになります。永田 全く同感です。あと、この事例にある上司の場合、おそらく多様性に対する知識や感受性の欠如もありますね。世の中にはさまざまな考えがあるという前提がない。自分と相手の常識は一緒という固定概念で発言しているように感じます。 日本には他にも、昔からずぶとく立ちはだかる国民的な固定観念がありますね。「いい学校に行き、いい成績を収めて、いい会社や仕事に就いて部長以上になって、明るい未来を築く」というものです。これが、日本人社会の同質性を確固たるものとしている。なので、見てください。どの組織でも階層の上に行けば行くほど、似たようなバックグラウンドや文化を持つ人が集まってしまう。日本では、自己効力感が低い人が多い大塚 もう1つ、この同質性を助長するものとして「承認されない文化」があると思って

います。先ほどの事例でもそうですが、上司が、彼女の気持ちに寄り添った言葉で承認してくれていない。日本では、学校教育もしかり、ありのままの姿を承認してくれない。永田 なので、日本では、自己効力感が低い人が多い…。大塚 そうなんです。人は、自信がないと他の人と同調していたほうが楽です。なので、組織が同調し合う人同士の集まりになってしまいます。これが、日本社会が同質化する大きな原因ではないかと思います。逆に、ちょっとしたことでもいいので、その人のいいところや成長を伝えてあげて、ありのままの存在を承認する文化があれば、自信を持てる人が増えます。その結果、自分が正しいと信じることをきちんと発言できる人も多くなり、社会の多様化も進んでいくと考えています。なので、私たちも、この存在を承認し合える環境をどうつくっていけるかも、働き方改革の重要なテーマであると考えています。永田 存在承認の欠如が、日本の同調文化を後押しし、社会の同質化につながるというのは鋭い視点です。そこに着目して、承認される人を増やすことで、個々人の発言文化が生まれ、社会の多様化につながる…御社はこれを進めようとしているということ\xA4

蓮〼覯姪Ľ貌䡄椰夕匆颪諒顕修鯤僂┐襪海箸帽弩イ靴討い襪海箸砲覆蠅泙垢諭B臘諭ヽ里ǂ砲修Ω世錣譴討澆譴弌墜詎瓦躬笋燭舛蓮△い蹐い蹐覆ź厖佑ǂ蕁∉贒鐡Ľ焚歛蠅ǂ蘰類辰董△修硫魴茲房茲蠢箸鵑任い唎燭瓠∉䡄椰佑諒顕修鯤僂┐討い襪箸琉媼韻呂△蠅泙擦鵑任靴拭◀燭精F訢-陛弔気鵑箸力辰鯆未犬董△修Δʍ笋燭舛癲〼覯姪Ľ吠顕修鯤僂┐討い襪鵑世筏い鼎④泙靴拭B臘曜讝Ĺ匯瓠ヽ彘芦饉劵錙璽咩Ε薀ぅ侫丱薀鵐港篭肇瓮鵐弌次∉閏劵僉璽肇福璽灰鵐汽襯織鵐函6眤彀¿搬膤愨膤惘ゝ勸澼擬琇∪坼楷慙〳銅鎔儖澔颯瓮鵐弌爾睫海瓩襦K㍗戮淵錙璽唫薀ぅ侫丱薀鵐垢涼亮韻魎陲妨従譴瞭唎㌍鈇砲修辰織灰鵐汽襯謄↗鵐阿鯆未献好圈璽妊◀ǂ張瀬ぅ淵潺奪唎米唎㌍鋓驎廚鮖迭櫃韻襦\xA3 コピー終わり。 様々な職場での意識を変えるのが大変なことと思います。 たくさん人がいる職場はどこもおつかれさまでございます。 素敵なアドバイスをある方からいただいたので、ここで私は宣言します。????????私は簡単に億万長者になりました。なので毎日が楽しくてしかたありません(笑)?これを、営業日のブログに毎日貼ることに決めました\xA1

\xA3 ????では明日お会いしましょう。 髪一重は予約制の美容室です。 ?御予約お待ちしております。  −−−−−−−−−−−−−−−−−− 新小岩駅南口徒歩9分の美容室 髪一重 ホームページ:http://kamihitoe.com TEL:03−3655−4506 住 所:東京都江戸川区松島4-21-2 受 付:AM9:00〜PM700 定休日:毎週火曜日 【駐車場】 江戸川区松島4-14-2の(6番)をご利用ください。 (店舗まで徒歩30秒です)     −−−−−−−−−−−−−−−−−− ? ? ?