9/5 Takからの投稿 ( その他趣味 )

 

三井記念美術館「仏像の姿(かたち)〜微笑む・飾る・踊る〜」展覧会の講演会:

弧思庵さんからご案内があった掲題の講演会について、次回の定例会で聴講された方々から講演内容や学習の様子をお話しいただける、とのことで楽しみにしていたのですが、あいにく当日午後は都合により残念ながら参加出来ません。機会があれば他の時にお会いした際にお話しが聞ければ嬉しいです。

私は、美術館から当日の薮内教授と清水館長の講演レジュメを送っていただきました。何と薮内教授のレジュメは全ページカラー画像とイラストが満載で大きな文字も読みやすく、なんといってもしっかりとした厚めの紙質が立派で「さすが薮内教授!」。「仏の姿、大乗仏教の世界観、仏像の尊格」…についての画像・イラスト付きのサービス満点の紹介には、教授の軽妙な話しぶりが眼に見えるようでページを眺めてしまいました。「日本人のカミ概念,カミとホトケと神と天とGod、インド系アーリア人、釈迦の生涯、出家〜苦行〜説法、大般涅槃経・五味相生の譬え」…昨年や今春に出掛けた京都・仏教大学や龍谷大学の仏教関係の展示場を巡っているような西域・中国の世界を学びました。今まであまり勉強してこなかった領域のことまでの記載で、このレジュメの記述内容を肉付けしていくように勉強しなくてはいけないな、と感じました。最後のページはさすが教授ですね。東京芸大の宣伝という感じで、創立者・岡倉覚三(天心)のことや現在の芸大の教授の学科の紹介や、文化財の保護についての三原則が概略記載されています。

また、清水真澄館長のレジュメでは、「仏師がアーティストになる瞬間」というサブタイトルにふさわしく、展覧会のメインタイトルの「微笑む・飾る・踊る」に沿って4組6体の仏さまの説明が、カラー画像と共に記されていて、簡単ながら要点を突いた説明がされていました。これらの仏さまについては会の皆さんからもいろいろとお話しを伺ってきたものが幾つかありましたが、やはり館長の話しをもとに、幾人もの会の皆さんと一緒に拝観した方が面白いことは明らかですね。他にも展示リストでも分かるように多くの仏さまが拝観出来ますので、まだ日本橋に脚を運んでいない方は、是非に一度お出かけしてみてはいかがでしょうか。そして忘れずに弧思庵さんの講演会聴講のブログを読んでから出掛けてみてください。

 

私は9月30日の上記講演会は聴講出来ませんでしたが、10月13日(土)の美術館・海老澤るりは主任学芸員の「装飾にみる仏像の姿(かたち)」の講演会はぜひ聴講したいと思います。

また、そのほかにも東京芸大の講師や助手による講演会(10月6日、10月20日)については、私は奈良・東大寺本坊での「東大寺東京芸大とのコラボ展覧会」(東京藝術大学が育む文化財保護の若き担い手達展)と講演会に参加し、いろいろと伺ったお話しとほぼ同じ内容をされるということでしたので、まあいいかな?という感じです。ただ、小島久典氏の「東大寺中性院・弥勒菩薩立像」の構造模刻像については何度拝しても特異な構造と意匠から、当時の仏師の想いを知りたい興味があります。彼とはしばらく個別にお話しを伺った経緯もあり、私から「仏像愛好の集い」の会の勉強会の講師として「模刻像制作や仏師」などについて会の皆さんの前でお話しを伺いたい旨を申し出ましたが、助手で学校の仕事が忙しい、とのことでしばらくは要望に応えていただけないそうです。図々しくまたいつか時期を見て申し込んでみたいと思います。海老澤女史からその辺のお話しがうかがえると良いのですが…。

 

 

東博「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」展覧会の講演会:

10月12日(金)東博の本展覧会の講演会の一つである「大報恩寺・菊入諒如住職」の講演会を聴講予定です。3年前に当寺を訪ねた時は定慶作の「六観音菩薩像」のうち「如意輪観音菩薩坐像」がイタリアでの「JAPAN展」出展のため拝観出来ませんでしたが、その時に今回の東博での展覧会があり、行快作の本尊以下、「十大弟子立像」、「六観音菩薩像」の多くの仏さまが出陳されることを、菊入住職からお話しを伺ったことがありました。住職から伺った時は最初、京博での展示だと思ってまさか東博だとはビックリしました。その時には冬の「大根炊き」に出掛けるようお誘いもありましたが、まだ実現出来ていません。その住職の講演会です。住職としてお寺の創建や寺暦、仏事などのお話しが中心だそうですが、私としてはそうしたお寺のことが知りたく、是非お話しを伺いたいと思っています。

また、展覧会に関する参考文献が、平成館手前に建つ「資料館」で、所蔵図書の中から関連図書コーナーが設けられていますので、日頃眼に出来ない図書もいっぱいあり足を運んでみたいと思います。

11月18日(日)には、講演会第2弾として「運慶次世代の仏像と京都」というタイトルで、東博・皿井舞主任研究員が講演されます。こちらは展示作例に沿って、仏像中心の講演だそうです。

 

 

 

私が先にご報告した中国人気女優(ファン・ビンビン)が5月から消息が途絶えていたが、10月2日急に中国当局の国営新華社で「中国当局は脱税を理由に拘束した。本人もブログで認めた」として、発表されました。当局の犯罪説明は通り一辺のことで驚きにあたりません。政治問題ではなく社会・経済問題として世間に公表し、国民に「見せしめ」の警告をすることが目的なことはいつものことで、それに5月時点で既に彼女が北京の某所で拘束されていたことは中国人の情報筋から確認されていたのです。そして彼女のメッセージが注目です。彼女のツイッターでは「共産党と国家の素晴らしい政策や人民の応援が無ければ、ファン・ビンビンはありませんでした」とあります。この言葉は彼女の言葉ではなく、当局の文言の常套パターンであることが明らかです。当局の発表文言には必ず「共産党や政権当局の温情のおかげ、配慮によるおかげ」ということが定冠詞や形容詞のようにつきます。スポーツの表彰選手の言葉にも必ず付いています。ちなみに北朝鮮の要人や国民の言葉にも必ず強調される言葉です。この言葉によって、国民に権力者や支配当局のありがたさを押

し付けているのです。

この事件の裏の理由としては、当局が一番恐れている国民の反動による政情不安の対策として考えられるのです。共産党当局がプロパガンダ利用の芸能・映画界へは、国家を挙げて直接の支援はあることながら反面管理監視していることは明白ですが、国民格差の象徴として脱税を公表して、資産を没収したとすれば国民向けの味方ぶりをPR出来、また「見せしめ」のための制裁にもなる公表なのです。そしてそれは成功している民間事業家への警告でもあるのです。

今年に入ってから中国複合集団「海航集団(HNAグループ)の幹部「王健」氏が、フランス国内で謎の死を遂げました。彼の近辺には常に多くの中国当局の監視員が居たことも明らかになっており、監視員か殺人請負人かによって行われた凶行であることをフランス警察も疑っています。会社は中国国内だけでなく海外に莫大な資産を保有していたからです。また、「安邦保険集団」の元会長も詐欺容疑で個人資産を当局に没収されました。このように特に多くの海外資産を有する資産家を、当局は常にマークしており海外資産をもとに海外逃亡を企てることを監視しているのです。一般には「国家反動行為」として些細なことでもそれを理由に拘束・抹消することを狙っているのです。

これまでにもIT民間事業ソフト会社へは、国家指定の監視ソフトや検索制限ソフトを開発・運用するよう強要していることが知られています。これが拡大してアメリカ・グーグル社まで、中国国内での同様ソフト搭載を条件に中国国内での運営の強要をしています。グーグル社が抵抗していてまだ決着が付いていないようですが、強要通りに行かない場合は当局によるいつもの報復処置が待っています、既に有力業界の民間事業家には「民間企業を強制的に国営企業として国家に吸収し、人材、ソフト、海外展開をわが物にし、海外では民間会社として国家管理の企業であることを隠れ蓑にする」のが、既に進行中なのです。

中国の富豪の間では、次はいつ自分が標的になるかと不安が広がってるそうです。なかには共産党の機嫌取りに走る者もあるそうです。テンセントというネットサービス会社の会長は「共産党の聖地」延安市を訪れ、共産党政権への忠誠を誓っています。ネット運用に当局の要求通り監視ソフト・検索制限ソフトの搭載などを認め、国民監視の国家政策に協力することを約束したのです。

そんななか、9月には皆さんよくご存知のネット商取引最大手「アリババ」の会長が、1年後に引退することを表明しました。急速に世界中に拡大し利益を挙げた同社は中国国内の自慢・誇りの企業です。莫大な資産形成が内外から注目されている現在、名誉も資産も掌中にした彼の突然の引退発表は、共産党の支配から抜けられないという恐怖があり、中国の経済学者からも「身を護るため」との観測がされているほどです。案の定、会長の引退発表した翌日、当局は「アリババ」傘下の電子決済サービス会社「アリペイ」を、皆さんもよくご存知の国営中央銀行管理下の中国銀行カード連合組織「銀聯」(ギンレン)に強制的に吸収したのです。会長からの当局への「強制的な上納金」ということです。まだ、1年後の引退発表というだけですが、先になって何か事があれば、アリババ会長も安心・安全ではないのです。このように多くの「報復」が必ず行われることを事業家ほか国民の皆が知っているのです。

最近の情報では、ファン・ビンビン彼女からの税金や資産没収に代表される、当局がこのようにして掌中にした資金は、米中貿易戦争や国内経済状況の悪化の財政に充てる、ということがまことしやかに噂されています。中国の税制度に不満を持ったネットユーザーが明かしたところでは、中国国民が納めた税金の大半の行方は、大盤振る舞いのアフリカなどに経済援助と称する資金になったり、国営・国策企業や地方省政府やそれらと癒着する地方企業に融資されたり、汚職官僚に着服されて消えてしまうというのです。国民はそもそも国家当局や地方省政府の財政の内容について知らされていないのですから、やりたい放題です。中国国内の社会保障や教育や環境改善には投入されないのです。それだからよけいに中国の富豪や芸能人などは様々な手段で資産を海外に移して隠したり、タックスヘイブンでの資金洗浄をしたりして自己防衛をするのです。「一般市民は当局の厳しい監視の下で真面目に納税しているのに、金持ちは多額の収入があっても脱税が出来る。そして官僚・政治家はそこからまた甘い汁を吸って資産を肥やしている」と批判が上がっているネットの声が多いのです。

中国共産党が中国国内で政権を握り統制支配している限り、事業や芸術、スポーツまで成功者や富豪は、当局の「俎上の魚」でしかないのです。

 

2018年10月5日  AM0:30  Tak